脂肪肝サプリメント

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が蓄積されてしまった状態です。脂肪肝を改善するには、肝臓の脂肪を直接取り除くことはできないので、肝臓の負担を減らし、肝臓の機能を徐々に回復させることで、脂肪を確実に減らしていく方法が良いでしょう。そのためには弱った肝臓の機能をサポートするサプリが効果的です。タウリンやオルニチンが含まれるサプリメントは特に肝臓を助ける効果があり人気です。
>>人気の脂肪肝サプリメントをチェック

サプリメント

サプリメントを飲む前に!脂肪肝とは?

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が溜まりすぎた状態です。
今や日本人の3人に一人が脂肪肝であると言われているんです。 健康な人でも、通常肝臓には3%〜5%ほどの中性脂肪がありますが、それが30%(最近では5%とも)を超えると「脂肪肝」となります。
正式な定義はありませんが、医学的には、肝臓にある肝細胞のうち30%に脂肪空砲が認められると「脂肪肝」であると言われています。脂肪空砲は顕微鏡で見ると白い丸い塊のように見えます。

肝臓は人間の臓器の中でも最大の大きさです。重さは約1.2kgもあります。その3分の1が脂肪で満たされていると思うと、恐ろしいことですね。肝臓には代謝や解毒など生命維持にとって大切な役割がたくさんありますが、脂肪がつきすぎていることで、肝臓がうまく働けなくなり、機能が低下、その結果様々な病気を引き起こしてしまいます。その影響範囲は肝臓だけでなく、脳や心臓にも及びます。脂肪肝はちょうどフランス料理のフォアグラのような状態です。自分の肝臓が脂でまみれたフォアグラ状態だと思うとゾッとしますね。。

どうして肝臓に脂肪がつくの?

肝臓の仕事の一つに「中性脂肪を作る」という仕事があります。「中性脂肪を作るなんて悪いやつだ」そんな風に感じる人も多いのでは?そもそも「中性脂肪」に悪いイメージを持っていると思いますが、中性脂肪も体にとって必要な成分なんです。

中性脂肪はエネルギー源となるので、中性脂肪がないとわたしたちは動けなくなってしまいます。肝臓が作り出す中性脂肪は、ある程度体に必要なものです。しかし、作り出された中性脂肪がエネルギーとして使われないと、どんどん肝臓に蓄積されてしまうのです。
その他にも肝臓は中性脂肪を分解したり、貯めたりする大事な機能を持っています。肝臓の機能が鈍くなると、処理しきれず肝臓に脂肪がたまってきます。

脂肪肝の原因

脂肪肝の主な原因は、飲酒・肥満・糖尿病の3つ。最初のふたつで、原因のおよそ7割を占めているんです。
飲酒が原因となる脂肪肝を「アルコール性脂肪肝」といい、肥満や糖尿病、薬などのアルコールが原因でない脂肪肝を「非アルコール性脂肪肝」といいます。一般には「非アルコール性脂肪肝」の人が多いようですが、お酒をよく飲む人は「アルコール性脂肪肝」の可能性が高いです。

原因1)アルコール性脂肪肝(飲酒)の原因

肥満

アルコールの大量摂取が原因の脂肪肝を「アルコール性脂肪肝」と言います。体内に入ったアルコールのほとんどは肝臓で分解され、体の外へ排出されています。大量にアルコールを摂取すると、アルコールが分解される過程でできる「アセトアルデヒド」や「アセチルCoA」が過剰になり、中性脂肪の元の脂肪酸を生み出します。また肝臓でアルコールを分解している間は脂肪を燃焼させる機能も弱くなるので、燃焼しきれなかった脂肪が貯まっていき、脂肪肝を引き起こします。

原因2)非アルコール性脂肪肝(肥満・糖尿)の原因

肥満

アルコールが原因でない脂肪肝を「非アルコール性脂肪肝」といいます。原因は肥満や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などがあります。

肥満に伴う脂肪肝の原因

肥満の人は体内にたくさん脂肪を蓄えています。ぷよぷよの贅肉、それが中性脂肪です。体中にある中性脂肪が脂肪肝の原因になります。中性脂肪は肝臓に送られ、処理しきれなかった中性脂肪は肝臓に蓄積されていき、肝細胞の30%以上に脂肪がたまると脂肪肝になります。

糖尿病などの内分泌性脂肪肝の原因

糖尿病,Cushing 症侯群,甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患が原因の脂肪肝です。糖尿病を患っている方は、インスリンの作用が十分でなく、有効に利用されなかったブドウ糖が中性脂肪となり肝臓に貯蓄され、脂肪肝になります。

肥満ではないスリム体型な人の脂肪肝の原因

肥満

日本人における軽度の脂肪肝は、肥満体型ではない人にもみられます。ストレスによる食べ過ぎやフアーストフードなどの偏食によるエネルギーの過剰摂取、そして運動不足などにより、消費しきれなかったエネルギーが中性脂肪となります。そのため体型だけでは、脂肪肝じゃないなどと判断はできないのです。痩せた人だと、たった2~3kg体重が増えただけで肝臓へ脂肪がたまる可能性もあるので注意が必要なんです。

ダイエット中でも脂肪肝になる?低栄養性脂肪肝の原因

肥満

ダイエット中の極度な食事制限などでタンパク質が不足すると脂肪が肝臓に溜まりやすくなります。なぜなら、肝臓から中性脂肪を外に出す時にタンパク質が必要になるからです。 さらに、糖質制限ダイエットなどで糖分が不足すると、肝臓はエネルギーを生み出すためにタンパク質から糖を作り出します。(「糖新生」といいます。)これにより肝臓内でタンパク質が不足し、さらに脂肪が溜まってしまうのです。

急性妊娠脂肪肝

妊娠後期頃に発生し、急速に肝臓の機能が障害を受け、妊娠が終了しないと重症化し、母児ともに死亡する恐れもあります。しかし10000人から15000人に1人くらいととても珍しい脂肪肝です。

その他の脂肪肝

  • ・薬剤投与による脂肪肝(テトラサイクリン,副腎皮質ステロイドなど)
  • ・栄養障害性脂肪肝(Kwashiorkor)
  • ・小腸バイパス術後
  • ・Reye 症侯群

これらが原因で脂肪肝を発症することがあります。

脂肪肝と言っても原因はいろいろあるんです。「アルコール性脂肪肝」と「非アルコール性脂肪肝」とに原因が別れ、原因によっては放っておくと肝硬変や肝ガンなど重症化することをもあります。原因によって対処法も変わってきますので、原因を知ることが大事です。

肝臓に溜まった脂肪を5%以下に減らす!脂肪肝を改善する方法

脂肪肝を改善・治療するにはどうしたらよいのしょうか?「脂肪肝は病気?」そんな質問をよく耳にします。脂肪肝のままでは、痛みなどの自覚症状はありません。しかし治療をせず放っておくと、肝硬変や肝臓がんなどの重病を引き起こす可能性があります。 軽めの脂肪肝であれば比較的簡単に改善できますので、早めに改善・治療法を知っておくことも大事です。

飲酒が原因の「アルコール性脂肪肝」の改善方法

飲酒

お酒を飲み過ぎることにより発症する「アルコール性脂肪肝」は禁酒でみるみる改善します。アルコールを肝臓で分解している間は、脂肪は燃焼されません。禁酒をすると肝臓に溜まった脂肪や水分が血液中に流れていくので、肝臓の腫れもおさまっていきます。
禁酒が難しい場合でも、2日以上の休肝日を設けるなどして、肝臓に負担を掛けないことが脂肪肝の改善には効果大です。アルコールの分解を助けるオルニチンやタウリン、亜鉛、アルギニンなどが配合されたサプリメントを取り入れるのも良いでしょう。

肥満や糖尿などが原因の「非アルコール性脂肪肝」の改善方法

肥満

肥満が原因の脂肪肝の場合は食事と運動で改善します。 食事は、脂質や糖質(タンパク質)を控えめにし、タンパク質を多く摂るようにしましょう。過食や偏食を避け、バランスよく栄養を摂ることが効果的です。肝臓では様々な代謝が行われています。栄養バランスが偏ると肝臓はうまく働けなくなり、負担が増え、脂肪の分解が進まなくなったり、中性脂肪の元を多く生成しだしたりします。 運動は、ウォーキングやサイクリング、水泳などの有酸素運動が脂肪肝には効果的です。毎日20分以上運動を行うようにしてみましょう!肝臓にたまった脂肪を排出したり、ダイエット効果のあるタウリンやマカ配合のサプリメントを取り入れるのもオススメです。

糖尿病が原因の脂肪肝の場合は、糖尿病の治療同様、糖質制限など食事制限によって改善が見込まれます。

薬での脂肪肝の治療

薬

アルコール性脂肪肝の場合、禁酒をまずしますが、禁酒初期は、ビタミンB類などのサプリメントを飲んだり、アルコールの離脱症状(禁断症状)が出るのを防ぐために、ベンゾジアゼピン系(ジアゼパムなど)を飲むなど、治療をサポートする薬やサプリメントもあります。重症なアルコール性肝炎の場合には副腎皮質ステロイド薬が投与されることもあります。

ライフスタイルを改善!

食事風景

このように軽度の脂肪肝でしたら、食事法や運動など、ライフスタイルを改善することで改善されていきます。サプリメントも改善を促す助けになります。
>>人気の脂肪肝サプリメントをチェック

痛い?脂肪肝の自覚症状

脂肪肝になったらどんな自覚症状があるのでしょうか?また進行が進むとどんな症状が出てくるのでしょうか。

症状

残念ながら、脂肪肝になっても痛みなどの自覚症状はありません。
しかし、肝臓に脂肪がつくと、肝臓の機能が低下し、血流が悪くなり「頭がぼーっとする」「集中できない」など、肝臓以外の部分で症状が出ることがあります。
もともと肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、異常があっても症状が出ないため、脂肪肝など肝臓の病気は「サイレントキラー」とも言われます。
ではなぜ肝臓には症状が出にくいのでしょうか?

なぜ肝臓は症状が出にくい?

肝臓の細胞は約3000億個がありますが、その半分が機能しなくなっても、残りの細胞で機能をカバーするとともに、ダメになった細胞を再生する力があります。他の臓器だったら、ダメージを受けた部分を放っておくと痛みや不調を感じるものですが、肝臓は少々のダメージでは普通に機能してしまうので私たちは「肝臓が変かな?」と症状を感じることはないんですね。

また肝臓には痛みを感じる神経がないので、肝臓そのものが痛いと思うことはないのです。 もし肝臓に痛みを感じる時は、肝臓を覆っている腹膜やその周辺の筋肉や神経から痛みが出ているということです。このような症状が現れたときには、かなり肝臓の病状が進んでおり、治療には長い時間を要することになります。

肝臓以外の脂肪肝の自覚症状

症状

1.疲れやすくなる

肝臓に脂肪がたまると、血液中にも脂肪分が流れ出し、血流が悪くなります。いわゆる「血がドロドロ」状態です。血流が悪くなると体全体に酸素が行き届かなくなり、細胞でエネルギー生み出すことができなくなります。また、老廃物や二酸化炭素がうまく排泄できなくなり、筋肉に疲労物質が溜まっていきます。 「最近疲れやすいな、、」そんな人は肝臓に脂肪がつきすぎているのかもしれません。

2.肩がこる

脂肪肝になると「肩こり」が症状として現れる場合があるようです。特に右側の肩がこる場合には、要注意です。
血流が悪くなると筋肉や腱の動きが低下します。筋肉の動きが悪くなると、次第に硬くなっていき、肩こりやギックリ腰になることもあります。肩こりがなかなか治らない、そうな人は脂肪肝により肝臓の機能が低下している可能性があります。

3.頭がぼーっとする、集中できない、イライラする

これらも脂肪肝による血流障害から来ている場合があります。脳では体内の酸素のおよそ20%を消費します。血流がわるくなり脳に酸素がたくさん運ばれていない場合に、このような症状が出ると考えられます。
睡眠は足りていると思うのに、頭がぼーっとする、仕事に集中できないなどの時には脂肪肝により血流が悪くなっているのかもしれません。

4.夜眠れない、昼眠い

脂肪肝による肝機能障害が進むと「頭がのぼせる」「夜間眠れない」「昼間に眠気がでる」などの自律神経症状が出ることもあります。
肝臓は副交感神経(自律神経のひとつ)の働きに関係しているので、肝臓の機能が低下すると自律神経失調気味になる場合もあるようです。

5.ゲップが出る

脂肪肝の人はお腹にガスが溜まり、ゲップが出やすくなる場合もあります。

このように、肝臓の痛みではなく、疲れや肩のこり、脳の働きなどに脂肪肝のサインが隠れています。血流が悪くなる要因は心臓の働きや血管の太さなど様々ですが、肝臓に脂肪がつきすぎることによる「どろどろの血」も脂肪肝の要因の一つということを覚えておきましょう。

肝臓の数値と脂肪肝の検査

肝臓の異変には自分では気づきにくいのが特徴です。では脂肪肝を見分けるにはどんな検査があるのでしょうか?

まずは健康診断の肝臓数値をチェック

健康診断の数値の、ALT(GTP)やγ(ガンマ)-GTPを見てみましょう。 ALT(GTP)数値は30以下、γ-GTPは男性が50以下、女性が32以下が基準値とされています。 数値が基準を上回っている場合は、何らかの原因で肝機能の低下が起こっている可能性があり、脂肪肝もそのひとつです。

健康診断
γ-GTP

γ-GTPは肝細胞や胆管細胞、胆汁中などに存在していて、たんぱく質を分解・合成する働きをしています。お酒を飲みすぎると、肝臓の細胞が破壊され、γ-GTPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。他の酵素よりも早く異常値を示すので、肝臓障害の指標として使われます。
アルコール性の脂肪肝の場合には、γ-GTPの数値が100~200IU/Lと高値を示します。100以上になったら病院へ行きましょう。200以上になった場合は、胆石や胆道がんなどによって胆道がつまっている可能性があるので、詳しく検査が必要です。

γ-GTP基準値

  • 男性は50 IU/L以下 女性は32 IU/L以下
ALT(GTP)

ALT(GTP)は主に肝細胞に存在する酵素です。何らかの異常で肝細胞が破壊されることにより、はじめて血液中に漏れ出すので、血中のALT(GTP)の値が高いということは、それだけ肝細胞が破壊されているということになります。
肝臓に関する数値のうちALTとASTは、人間ドック学会の基準によると30(U/L)以下が正常、31~50が要注意、51以上が異常となっています。脂肪肝の場合は、50~100前後に上昇する場合が多くみられます。

ALT(GTP)基準値

  • 30 IU/L以下
AST(GOT)

ASTも細胞内に存在する酵素で、肝細胞や、心臓や腎臓などの臓器に多く存在しています。ALT同様、肝細胞が破壊されることにより、血液中に漏れ出します。しかし、ASTは肝臓以外にも存在しているので、肝臓だけが悪いのか判断できませんので、ALTと合わせてチェックします。

AST(GOT)基準値

  • 30 IU/L以下

健康診断の数値で正常だったから脂肪肝は安心…とは必ずしも言えるものでなく、脂肪肝の患者でGPTが異常値だった人は全体の3割強に留まるといった、厚生労働省の調査結果もあります。他の7割の人には脂肪肝でも数値に異常は見られなかったということです。(※IU/Lは1リットル中の国際単位)

画像解析(エコー)

病院での脂肪肝検査では、血液検査とを合わせて超音波(エコー)、CTなどの画像解析を行います。 画像検査では脂肪の部分が白っぽく見えます。血液検査で異常が見られなくても画像検査によって脂肪肝が認められることもあります。

肝生検

診断

脂肪肝の程度が進み肝炎が疑われるときや、画像検査や血液検査だけでは脂肪肝か脂肪性肝炎か判断がつかな時は、肝生検が行われます。 肝生検では、細い針を肝臓へ刺して肝臓の組織の一部を採取して、顕微鏡により検査します。100個の肝細胞中に30%以上の脂肪空胞が認められる場合、脂肪肝と診断とされます。 肝生検では肝臓の組織を採取しなければならず,入院が必要です。患者さんにも負担がかかるため間接的に脂肪肝の有無を簡単に診断する検査として,腹部超音波(エコー)と血液検査をまず行います。

まずは健康診断や人間ドックの数値をチェックしてみましょう!脂肪肝はライフスタイルの見直しで改善が可能です。

脂肪肝サプリメントでセルフケア

脂肪肝はサプリメントの力を借りて改善するのもセルフケアの一つです。
肝臓に良いとされているサプリメントの成分にオルニチン・タウリン・ビタミン・ミネラル・亜鉛などがあります。特にタウリンやオルニチンが含まれるサプリは、肝臓についた脂肪を外に出してくれたり、肝臓の機能をサポートしてくれたりと効果が高いのでおすすめです。
サプリメントに含まれる成分も各メーカーで様々です。どれを試していいかわからない!そんな人は、ご自身の脂肪肝の原因と、体の調子によって最適な脂肪肝改善サプリメントを選ぶようにしましょう。タイプ別のおすすめサプリはこちらです。

お酒をよく飲む人におすすめの脂肪肝サプリ

飲酒

お酒をよく飲む方は、肝臓でのアルコール分解をサポートする、タウリンやオルニチン、亜鉛を含んだサプリメントがおすすめです。アルコールの分解が滞ると中性脂肪の増加につながります。 亜鉛は溜め込むことができないので、こまめに忘れず摂取することが大切です。

おすすめの脂肪肝サプリ

タウリンも亜鉛も!肝臓改善成分をバランス良くギュッと凝縮!
>>レバリズム-L
  • これまで悩まされてきた二日酔いが軽くなってきました。(40代女性)
  • 健康診断で肝機能を指摘されながら、どうしてもビールをやめられない自分にとって、薬以外の選択肢でした。(40代男性)
1日しじみ1000個分のオルニチンでアンモニアを解毒!
>>肝心習慣【宍道湖しじみ】
  • 飲んだ二日目のダルさがどうしようもないと思っていましたが、宍道湖しじみを飲み始めて1ヶ月くらいで実感しました。

肥満気味の人におすすめの脂肪肝サプリ

肥満気味の人

肝臓に溜まった中性脂肪を体外に出す働きのあるタウリンやマカを含んだサプリメントがオススメです。カキなどに多く含まれるタウリンは、肝臓の中にある脂肪を取り除き、肝臓の外に排出する作用があります。マカには脂肪燃焼を促す効果があるので、ダイエット中の方にもおすすめです。

おすすめの脂肪肝サプリ

タウリンを多く含む牡蠣エキス+マカ配合
>>牡蠣のチカラα
  • 牡蠣のチカラαはパワーが全然違います。

疲れ気味、朝が苦手、スタミナ不足な人の脂肪肝サプリ

疲れ気味

肝臓が弱っているとエネルギーを生み出せず疲れが抜けなかったり、パワーが出なかったりします。そんな人は、弱った肝臓の再生を促すタウリンや亜鉛、ビタミB1を含んだサプリメントが良いでしょう。肝臓が元気になると、脂肪肝も徐々に解消されていきます。さらにスタミナアップ成分を含んだサプリだとより効果が実感できるでしょう。

おすすめの脂肪肝サプリ

牡蠣エキスで肝パワー回復。ニンニクと梅で疲労回復・スタミナアップ!
>>肝パワーEプラス
  • 肝パワーEプラスを飲み始めてから、朝からスッキリ元気を実感できるようになりました。
  • 肝パワーと飲んだ時と飲まなかった時の違いに驚いています。

40代以降で体の老化が気になってきた方の脂肪肝サプリ

老化

老化の原因の一つは体内の酸化。年齢を重ねた肝臓は酸化が徐々に進んでいます。脂肪肝の改善& 肝臓のアンチエイジングには、肝臓の細胞を修復する効果のある亜鉛ビタミンやサポニン、ウコンなどの抗酸化成分を含んだサプリメントがおすすめ。

おすすめの脂肪肝サプリ

1日2粒で亜鉛20mが摂取できる、40代以上の男女に人気!
>>プレミアムオイスター
  • 飲み始めて3ヶ月経過しましたが体調も良くなった様な気がします。
  • 飲み始めてからは疲れが溜まりにくくなり、以前のようにドンヨリすることもなくなってきました。

お肌や髪の若々しさも一緒にケアしたい女性の脂肪肝サプリ

女性

脂肪肝改善と一緒に、美容や元気も手に入れたい女性には、亜鉛やタウリン、サポニンが配合されたサプリがおすすめです。亜鉛は肝臓の機能回復に役立つだけでなく、美しい髪や肌を作るには欠かせません。妊活中のご夫婦にもおすすめのサプリ成分です。

おすすめの脂肪肝サプリ

肝機能&女性の美容健康に!タウリン+マカ+高麗人参配合
>>牡蠣のチカラα
  • 肌の調子が良くなった。マカや高麗ニンジンなど女性にも、肝機能にも良い成分と聞いたので続けたい。(30代女性)
  • 髪の毛のハリや抜け毛が気になり、インナーケアも始めようと飲み始めました。(30代女性)

お手頃価格で始めたい方の脂肪肝サプリ

財布

脂肪肝を改善したいけど、なるべく安く続けたい、、そんな人はサプリの有効成分がシンプルなものがおすすめです。いろいろなサポート成分が含まれると、効果は高いですが、お値段も高価になってきます。手頃だけど、天然国産素材で高品質なサプリはこちら。

おすすめの脂肪肝サプリ

牡蠣サプリメントの中でもお手頃で人気!品質は◎
濃縮牡蠣エキス「海乳EX」
  • こんなにたくさんの牡蠣は贅沢品ですね!
しじみパワーでお酒による肝臓の疲れを防ぐ!
肝心習慣【宍道湖しじみ】
  • 素材が良いのでほぼ毎日安心して飲めるのがいいですね。

脂肪肝サプリメントの効果的な飲み方

服用量はサプリメントによって違います。1日2粒〜4粒を目安に飲む商品が多いです。肝臓への効果を期待して多めにとるのはやめましょう。成分によっては体に影響を及ぼすこともあります。一度にたくさん飲んでも、体に吸収できる量が決まっている成分もあり、残りは排出されてしまうので勿体無いです!それよりは、きちんと定期的に長く摂取してあげた方が効果的です。
服用のタイミングも決まっているものは少ないようです。お酒が残る人は飲酒の前か後にサプリを摂る、翌日までに疲れを回復させたい人は就寝前、朝から元気に活動したい方は朝食後になど、ご自身の体調によって飲み方を調整してみると良いでしょう。

脂肪肝改善サプリメントの副作用

肝臓や脂肪肝を改善するとして販売されているサプリメントは、基本的には自然素材の成分や元々私たちの体内に存在する成分なので、容量を守って飲めば副作用の心配はありません。栄養価が高いので妊娠中の方や、お子様の服用もおすすめしている商品もあります。ただしアレルギーのある人や、他に服用中のお薬や持病をお持ちの方は自己判断は避けた方が良いでしょう。

脂肪肝サプリメントは楽天やアマゾンで通販できる?

楽天やアマゾンで通販購入できる脂肪肝サプリメントもありますが、商品の公式ホームページで購入した方が割引率が良かったり、サポートもあったりお得に購入できることがあります。
ドラッグストアで市販されているサプリメントも中にはありますが、複数回購入する場合はネットでお得な定期便を申し込んだ方が断然安いです。最安値で購入したい時は、公式ページもチェックしてみると安心で良いでしょう。

サプリメントで脂肪肝を改善!

いかがでしょうか!脂肪肝を改善する成分を食事から摂取しようとすると、なかなか大変なんです。サプリメントなら一度に気軽に摂ることができ、吸収しやすいように加工されているものもあるので、おすすすめです。 それぞれの必要な成分ごとにサプリメントを摂るのも良いですし、特に脂肪肝を気にされている方は肝臓に効くサプリメントとして調合されているものが効果的です。

>>脂肪肝改善サプリおすすめランキングはこちら<<


更新履歴