脂肪肝とメタボ

メタボリックシンドロームとは

この数年でメタボリックシンドロームという言葉が急速に使われるようになりました。一般的にはお腹まわりがたっぷりとしている人を「メタボリック」と呼びます。しかし実際には、お腹がたっぷりとしているからといって必ずしもメタボリックシンドロームである訳ではありません。また健康管理をするためには、メタボリックシンドロームが体にどんな影響を与える可能性があるのかについても知っておく必要があります。

肥満

メタボリックシンドロームとは「内臓脂肪症候群」ともいい、内臓脂肪の蓄積によって、高血圧や糖尿病、高脂血症といった生活習慣病を重複して起こしている状態の事を指しています。
この症状が続くと動脈硬化が進み、結果的に心筋梗塞や脳梗塞の原因になると考えられています。一つ一つの病気では予備群と判断されますが、こうした病気を2つ3つと重複して持っていると、すでに進行を食い止めなければいけない状態になっています。
内臓周辺の脂肪は比較的溜まりやすい傾向がありますが、運動をしたり食事に気を付けることで減らすこともそれほど難しくはありません。

メタボリックシンドロームと肝臓の関係

あまり知られていませんが、メタボリックシンドロームには肝臓の働きが大きく関係しています。
肝臓はお酒の解毒を担う臓器として知られていますが、それ以外に代謝という役割も担っています。私たちが毎日食べる食事によって体内に入った糖や脂肪は肝臓でエネルギーとして使える状態に変えられます。これが代謝です。
代謝がされないと沢山食べても効率よくエネルギーに変えることができなくなります。何かの原因によって肝臓が正常に機能できなくなると、血液中の糖分を一定に保つことができなくなり、また脂肪をエネルギーに変えることもできなくなります。
この状態が高血糖や脂質異常という症状を引き起こすとされています。
そして肝臓が脂肪肝になり、脂肪肝になると肝臓の機能はますます低下していきます。
また本来脂肪は小腸で脂肪酸に分解され、肝臓へと運ばれます。肝臓では脂肪酸がエネルギーへと変えられます。しかし糖分や脂質を摂取しすぎると、脂肪酸の量も増え、それが中性脂肪へと変わり、肝臓に溜まり脂肪肝となります。つまりメタボリックシンドロームにならないためには、肝臓を健康に保つことがとても大切です。

メタボの改善が脂肪肝の改善に重要!

脂肪肝になると最悪の場合、肝硬変や肝臓がんになってしまいます。では脂肪肝にならないために、どのように肝臓を健康に保つことができるでしょうか。

まずはメタボリックシンドロームを改善することが必要です。つまり内臓のまわりについている脂肪をとって痩せることで、肝臓をはじめ内臓系が健康に正常な働きをすることができるようになります。
肝臓はもともと丈夫な臓器でもあり、痛みを感じる神経もありません。そのため脂肪が溜まり始めても自覚症状は何も感じないでしょう。何かおかしいと感じた時には、かなり症状が進行している可能性が高いです。脂肪肝を改善するためには、毎日の生活習慣や定期健診を受けることが大切です。

メタボの改善方法

メタボ

メタボかどうかの診断の基本はウエストのサイズ!

運動・食事・サプリなどで内臓脂肪を減らしてメタボを改善しましょう。
自分の体型がメタボリックシンドロームかどうかを確かめる際に、基本となるのはウエストサイズです。男性であればウエストサイズが85センチ以上、女性は90センチ以上あると内臓脂肪型肥満、つまりメタボリックシンドロームである可能性が高くなります。これに加えて、血清脂質や血圧、そして血糖の3項目のなかで2項目以上で異常が見られる場合はメタボリックシンドロームと診断されます。

もしもこの条件に当てはまっている場合には、改善のため、そして脂肪肝予防のためにも生活習慣を見直すことが必要です。
もしも脂肪肝と診断された場合でも、生活習慣を変えることで意外と簡単に脂肪肝を治すことができます。

食事

まずできる改善法は、食生活を見直すことです。低カロリー、低脂肪食が最も効果があります。肝臓に脂肪を溜めない事です。食事の量を減らすことや、揚げ物などの高カロリーを控えることもできます。

アルコール

そしてアルコールの量にも気を付けましょう。毎日かなりの量のアルコールを飲んでいると肝臓の機能が低下し、脂肪肝になる原因とされています。禁酒ができれば一番いいですが、逆にストレスとなり反動で飲んでしまう可能性があるので、最初は量を減らすことや週の中で1日か2日を休肝日にすることから始めましょう。

運動

そして運動もメタボ改善には必須です。特に有酸素運動をすることで、肝臓に溜まっている脂肪を燃焼させることができます。脂肪肝予防にも効果があるでしょう。毎日忙しい中で運動の時間を取るのは難しいですが、通勤時にいつもより早く歩くことなどから始めることもできます。

内臓についてしまった脂肪をとるのは大変ですが、そのまま放置しておくと更に大変な状態になってしまいます。健康な身体を維持できるようにしましょう。

メタボが原因の脂肪肝におすすめのサプリ

おすすめの脂肪肝サプリ

お腹の脂肪を減らす!「葛の花由来イソフラボン」配合 機能性表示食品
>>シボヘール
  • 臨床実験で平均20cm2 お腹の脂肪が減った!
  • ウエストも体重も減少しました
  • 歳のせいかお腹の脂肪が減らなくて、、シボヘールは本当に脂肪が減ってる!