肝臓の働き

肝臓の役割を理解して、脂肪肝改善を始めましょう。

無口でたくましい働き者「肝臓」

肝臓

肝臓は、お腹の中心から右寄りに位置するとても大きな臓器です。およそ3,000億個の細胞から成り、重さは成人で1.2kgほど、体重の約1/50に相当します。ほぼ全体が肋骨に覆われています。 肝臓には「動脈」と「静脈」に加えて「門脈(もんみゃく)」という血管が通り、胃腸や膵臓、脾臓といった主な臓器からの血液は、門脈を通って肝臓に集まり、心臓へとつながります。

肝臓は大きいだけでなく、辛抱強くたくましい臓器です。再生能力が非常に高い臓器で、肝機能が正常であれば、実に全体の75~80%切り取られても、自らを修復しながら黙々と働き、半年後には元の大きさに回復します。肝移植が可能なのは,肝臓は切除しても再生する唯一の臓器だからです。 黙々と働くため、「沈黙の臓器」とも呼ばれ、多少トラブルが起きても症状が現れず私たちは気が付きません。そのため、肝機能の不調は健康診断で検査された際に初めて発見される場合が多いのです。 肝臓は大きく、たくましく、寡黙、そしてとっても働き者の臓器です。

肝臓の働き

肝臓は約500もの仕事をこなすスーパーサラリーマンのような存在ですが、その仕事は大きく4つに分けられます。

1)代謝

物質が化学的に変化して入れ替わることを「代謝」といいます。
肝臓では、消化器官から運ばれてきた栄養分を身体の各器官が必要とする形に変えたり、エネルギーとしてつくり出しています。
食事から摂った栄養分は、残念ながらそのままの形では体内で利用することはできません。肝臓で適した形に作り変え、供給することで、食べたものも活かされていくのです。肝臓は原料を化学反応によって加工する「化学工場」のような役割を担っています。

2)解毒

肝臓はアルコールや薬、食品添加物、ばい菌、アンモニアなどの体に有害な物質を分解し、無毒化する「解毒」の役割を担っています。

3)胆汁の生成・分泌

肝臓はコレステロールと胆汁酸から「胆汁」を生成します。胆汁は、肝臓で濾過された古くなった赤血球や微量金属などの老廃物を流す役割を担っています。また、胆汁は、脂肪の消化吸収を助ける消化液でもあります。 コレステロールを消費して胆汁を作るので、コレステロール値を抑える役割もしています。胆汁は肝臓の下についている小さな袋「胆嚢(たんのう)」に貯蓄され、脂肪分が体内に入ると、胆管を通って十二指腸と小腸に分泌されます。

4)エネルギーの貯蔵

肝臓ではブドウ糖(グルコース)をグルコースという形で貯蓄しています。ブドウ糖が必要になった時にはここから供給されます。脳の主なエネルギー源はご存知の通りブドウ糖です。脳は眠っている間もブドウ糖を必要とするので、肝臓は24時間休まず働きます。

肝臓はたくさんの重要な仕事を休みなくこなしています。この肝臓に脂肪がつくと仕事の邪魔をしてしまいます。
先ほど「化学工場」と言いましたが、もし工場にトラブルが起きたら、「商品が納品されない」「変な商品が混じっている!」などいたるところで問題が起きますね。同じことが体の中でも起きるのです。脂肪肝は肝臓だけの問題ではありません。脂肪肝を引き金に様々な病気が発症しかねないのです。肝臓がきちんと働けるよう、邪魔な脂肪は取り除いてあげましょう。