肝臓へのオルニチン効果

「オルニチンは肝臓に良い」とよく言われますね。しじみに多く含まれるオルニチンですが、肝臓にどのように効くのでしょうか?

オルニチンは遊離アミノ酸の一種

オルニチン

アミノ酸はタンパク質の元になる物質で体内にたくさん存在しますが、そのうちオルニチンは「遊離アミノ酸」として体内をぐるぐる巡っています。血流に乗って肝臓や腎臓、筋肉などアミノ酸が必要とされるところに送られます。

肝臓の主な仕事の一つに「代謝」があります。代謝とは体の中で栄養などの物質が化学的に変化して入れ替わることを言います。肝臓では様々な代謝が行われていて、有害なアンモニアを解毒する「オルニチンサイクル」、エネルギー(ATP)を生み出す「TCAサイクル」、ブドウ糖を合成する「糖新生」などの代謝経路があります。オルニチンは肝臓に送られると、オルニチンサイクルの一部を担います。

肝臓のオルニチンサイクルを活性化

オルニチン

オルニチンサイクルは「尿素回路」とも呼ばれ、アンモニアを分解し、無毒な尿素に変換する回路になります。オルニチンは、オルニチンサイクルの働きを活発にする効果があり、アンモニアの分解を促す効果があります。

  • オルニチンが有害なアンモニアの分解をサポート

肝臓のアンモニア解毒でエネルギーの生成をスムースに

細胞の中のミトコンドリア内にあるTCAサイクルは、私たちのエネルギーの元「ATP」の生産に関わる重要な回路です。アンモニアはTCAサイクルを邪魔し、ATPの生産を阻害してしまいます。生命活動の原動力である「ATP」が生産されないと、エネルギーも出来上がりません。肝臓は休みなく働いているので、大量のエネルギーを必要としています。エネルギー不足に陥ると、肝臓の機能も低下してしまいます。すると有害物質の解毒が進まず、全身の疲労にもつながってしまうんです。 オルニチンはアンモニアを分解することによって、エネルギーの生成をスムースにし、その結果疲労回復の効果につながります。 疲れて体がだるい、動けない、、そんな時はアンモニアが解毒されずに肝臓が弱っている証拠かもしれません。

オルニチンでアルコールの疲れを防ぐ

オルニチン

アルコールを摂取すると、「NADH」という物質が増加します。NADHは脳のエネルギーである「糖」と「ケトン体」が作り出されるのを邪魔します。結果脳がエネルギー不足になってしまいます。 しかし、オルニチンがアンモニアを解毒する際にNADHが使われるので、邪魔者を消すことができます。飲んだ後にシジミ汁はとってもいいんですね!アンモニアを解毒すると同時に、NADHも消費してしまいましょう!

オルニチン含有サプリ

1日に必要とされるオルニチンの摂取量は400~1000mgと言われています。 オルニチンが圧倒的に多く含まれている食品は「しじみ」です。他にもヒラメやキハダまぐろなどの魚やチーズ、えのき茸にも含まれています。ただし、しじみでも100g(約35個)あたり12mg程度しか含まれていません。食品からの十分な摂取が難しいアミノ酸なので、最近のサプリメントなら効率良く摂取できておすすめです。

オルニチンの効果

オルニチンはこんな効果があります。

  • 肝臓の機能を強化!
  • 疲労の原因となるアンモニアの解毒をサポート!
  • エネルギーの生産をスムースにする
  • 疲労の回復を促進する

お酒をよく飲む、疲れ気味だ、そんな人はオルニチンを積極的に摂るようにしましょう。

肝臓に効く!おすすめオルニチンサプリ

おすすめの脂肪肝サプリ

オルニチンの宝庫「しじみ」や「牡蠣・スクワレン」」が主成分の最強サプリ
>>レバリズム-L
  • これまで悩まされてきた二日酔いが軽くなってきました。(40代女性)
  • 健康診断で肝機能を指摘されながら、どうしてもビールをやめられない自分にとって、薬以外の選択肢でした。(40代男性)
1日しじみ1000個分のオルニチンでアンモニアを解毒!
>>肝心習慣【宍道湖しじみ】
  • 飲んだ二日目のダルさがどうしようもないと思っていましたが、宍道湖しじみを飲み始めて1ヶ月くらいで実感しました。