肝臓とアルコール

アルコールの摂りすぎで、肝臓などに内臓脂肪がつきます。最近は日常的に飲酒をする人が多くなってきました。過食と同様に、ストレスが原因となって、アルコールに走ってしまう人が多いようです。アルコールが直接脂肪になるわけではありませんが、アルコールと脂肪は切ってもきれない関係なのです。

アルコール分解の仕組み

体内に摂取したアルコールは、胃で20%、腸で80%が吸収されます。これら吸収されたアルコールは血液に入り、肝臓に送られます。肝臓に到着したアルコールはまず、アルコール脱水酵素(ADH)によって「アセトアルデヒト」に分解されます。次にアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きで、酢酸に分解され、最終的に水と炭酸ガスになって体外に排出されます。

アルコール分解の仕組み

アセトアルデヒトが脂肪の分解を抑制

アルコールを摂取しすぎると、アセトアルデヒドの分解が追いつかず、肝臓にたくさんたまってしまいます。
アセトアルデヒドはアルコールそのものより10倍以上毒性が強いと言われ、肝臓の機能を低下させ、脂肪の分解を抑制してしまいます。

日本人はアセトアルデヒドの分解が苦手?

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きは人によって違いにあります。
お酒が強い人はALDHの働きが強く、どんどんアセトアルデヒドを分解していきます。しかしお酒が弱い人はALDHの働きが弱く、有毒のアセトアルデヒドが溜まってしまい、気分が悪くなってしまいます。そしてALDHの働きが全くないタイプもおり、この人はお酒を全く受け付けません。
日本人を含む東アジア人では、ALDH2の活性が低い遺伝子型の人の割合が特に高く、日本人の約38%がALDHの働きが弱いタイプで、約6%がALDHの働きが全くないタイプだと言われています。お酒が強いという人も飲み過ぎてしまうと、アセトアルデヒトを分解しきれなくなり、頭痛や二日酔いなどを引き起こします。

アセチルCoAが脂肪酸を合成してしまう

アルコールはアセトアルデヒドを経て最終的に酢酸と水に分解されますが、酢酸はさらに「アセチルCoA」という物質に分解されます。
「アセチルCoA」は肝細胞内のミトコンドリア(細胞内構造物の一つ)で、脂肪酸を取り込んで燃やし、人間の活動エネルギー(ATP)を生産しています。
しかし大量の飲酒により、大量のアセチルCoAが入ってくると、「そんなにいらないよ!」とミトコンドリア外に追い出されてしまいます。この余った「アセチルCoA」は、今度は細胞質にある脂肪酸をミトコンドリア燃焼工場に取り込むのを阻害する働きをしてしまうのです。すると脂肪酸が燃焼されなくなり、中性脂肪として貯蓄の方向に働いてしまいます。これを脂肪酸合成といい、脂肪肝の原因となります。

アルコール代謝中は脂肪燃焼されにくい!

アルコール

さらに、アルコールが肝臓で代謝されている間は脂肪の燃焼が阻害されてしまいます。 普段、私たちは中性脂肪の元、脂肪酸を「β酸化」によって代謝しています。「β酸化」では、脂肪酸を酸化して、最終的に細胞が必要とするエネルギー源ATPを生成します。
しかし、アルコールが肝臓で代謝されている間はβ酸化が抑制されてしまうため、脂肪が燃焼されにくくなり、代謝されない過剰な脂肪酸は肝臓に蓄積されやすくなります。

大量のアルコールにより、脂肪酸が作られてしまうと同時に、その脂肪酸はエネルギーに変えられることなく中性脂肪としてストックされていく、これがアルコールを飲みすぎると中性脂肪が増えてしまう仕組みです。
お酒に含まれる糖分や唐揚げの脂質、〆のラーメンの炭水化物も中性脂肪の元です。お酒を飲むと食事も進みます。飲み過ぎ食べ過ぎは脂肪肝へまっしぐらです。

どのくらい飲むと脂肪肝になってしまうのでしょうか?

アルコール

目安として、日本酒3合(ビールなら大瓶3本)程度の量を、2~3年間毎日のように飲んでいると、脂肪肝になりやすいとされています。これは個人差があり、お酒が弱い人はもっと影響を受けます。
肝臓が分解するスピードは限られています。お酒は強い!二日酔いなんてならない!と思っている人でも要注意です。肝臓は静かに中性脂肪を溜め込んでいるのです。

さらに中性脂肪合成のピークは、アルコールを飲んで12時間後といわれています。 さらに、アルコールと脂質を同時に摂取すると12時間以上経っても中性脂肪の増加がみられます。唐揚げやフライドポテトなど脂質の多いつまみを一緒にとると、中性脂肪はさらに増加しやすいのです。

脂肪肝の状態をほうっておくと、アルコールが分解されるときに発生する毒性物質のアセトアルデヒドや活性酸素によって、次第に肝臓の細胞が壊され、「肝硬変」へと進みます。さらに放置していると、「肝不全」や「肝がん」にもなりかねません。アルコール性脂肪肝は、禁酒によって大方改善されます。肝硬変になってしまってからでは治療が大変ですので、酒好きの方は注意が必要です。禁酒が難しい場合は、週2日の休肝日を作り、その後アルコールの分解や肝臓の機能をサポートする食材やサプリメントを取り入れるなどの対策が可能です。

お酒をよく飲む人におすすめの脂肪肝サプリ

おすすめの脂肪肝サプリ

タウリンも亜鉛も!肝臓改善成分をバランス良くギュッと凝縮!
>>レバリズム-L
  • これまで悩まされてきた二日酔いが軽くなってきました。(40代女性)
  • 健康診断で肝機能を指摘されながら、どうしてもビールをやめられない自分にとって、薬以外の選択肢でした。(40代男性)
1日しじみ1000個分のオルニチンでアンモニアを解毒!
>>肝心習慣【宍道湖しじみ】
  • 飲んだ二日目のダルさがどうしようもないと思っていましたが、宍道湖しじみを飲み始めて1ヶ月くらいで実感しました。
2種類の酢酸菌酵素がアルコールの代謝を代替!体質的にお酒が弱いあなたに。
>>よ・い・と・き(よいとき)
  • 飲み会の途中でも飲めるカプセルタイプはとても便利
  • 自然なものなのもいいし、キューピーさんなので安心